【奥日光TRIP】東京からのアクセスは?

 夏休み少しでもどこかへお出かけしたい!でも人混みが多そうなところはあまり・・ということで奥日光に小旅行へ行ってきました〜!

 

 これまで日光には行ったことはあったのですが、奥日光に行くのは初めてでした!

東京からのアクセスはどうなのか、どれくらいの時間がかかるのかご紹介します。


まずは東京から電車で日光まで

 東京から日光までは、東武鉄道の特急スペーシアで。

スペーシアは特急なので全車指定席で自由席はありません。



特急には2種類あって、「けごん」が東武日光駅発着、「きぬ」が鬼怒川温泉駅発着の電車だそうです。今回は東武日光駅に行くので「けごん」を選択。


駅で当日特急券を買ってもOKだし、事前にネットで予約もできます。

https://www.tobu-ticket.jp/guest/


北千住からの片道料金は、電車料金1,383円+特急料金1,470円=2,853円でした。

今回は通常の車両に乗りましたが、3,150円(土祝日3,770円)/室を払うと個室部屋もあるみたいですよ!

家族や友達とワイワイお出かけするにはいいかもしれないですね。


特急車両はどんな感じ?

いよいよ東武特急「けごん」に乗り込んで出発!

なるべく人が少なそうな車両を選んだこともあってか、車内はガラガラで貸し切り状態でした。





足下は広くて、新幹線のように快適。

3号車にはビュッフェと呼ばれるカウンターエリアがあって、飲み物や軽食が買えるスペースがありました。

カウンターの向かい側には大きな窓があり、景色を楽しむこともできます。


いつもの電車と違う車両があると、また旅行気分も上がります♡


東武日光駅に到着

北千住駅から電車で1時間40分。ついに東武日光駅に到着!

奥日光に向かうにはここからバスに乗り換えます。



改札を出たら、そのままツーリストセンターへ。

ここでバスのチケットが買えます。


最初は東武日光駅から中禅寺湖温泉駅まで往復のチケットを買おうと思っていたのですが、

センターの方から往復のチケットより、「中禅寺湖温泉フリーパス」を買う方がお得だと教えていただきました。

・東部日光駅〜中禅寺湖温泉:1,150円(片道)→2,300円(往復)

・中禅寺湖温泉フリーパス:2,100円(2日間有効)


しかもフリーパスだと2日間有効で、途中の乗り降りもOKとのこと。

フリーパスを選ばない手はないですね。


奥日光エリアの中心、中禅寺湖温泉へ!

バスは時間帯によって前後しますが、大体1時間に2本くらい。

観光客が一番利用しそうな時間帯だと、

・【11時台】11:05, 11:40

・【12時台】12:10, 12:40

と言った感じでバスが出ています。

バス乗り場は東部日光駅を出てすぐなので、迷う心配もありません。


東部日光駅に着いてからバスに乗るまで、30分くらいの時間があったので、駅周辺のお店をうろうろ。

レストランはどこも11:30くらいからのスタートなので午前中に到着した場合は要注意です。


11:05のバスに乗り込んでようやく出発!!

日光東照宮を通って、最後は「いろは坂」と呼ばれる美しい山道を登っていきます。

なんと48のカーブがあって、標高差は440mだそうです!


東部日光駅から中禅寺湖温泉までは45分ほどの所用時間でした。

ちなみに、中禅寺湖温泉駅から奥日光の有名スポット「華厳の滝」や「中禅寺湖」へは、

歩いて観光に行くことができます。



まとめ

東京(北千住)から中禅寺湖温泉までは、

電車で1時間40分、バスで45分、途中の取り替えに30分ほどかかったので、

合計3時間ほどの旅になりました。


途中で絶景やちょっとした食も楽しめるので、意外とあっという間でした!

そしてバスに乗るなら絶対フリーパスがオススメです^^