【国内ホテル滞在記】ウェスティン都ホテル京都で心満たされる時間を💕part2

今年の誕生日は、節目の年だったこともあり、京都旅行へ連れて行ってもらいました。


初日に滞在したのは【ウェスティン都ホテル京都】。リニューアルしたばかりということもあり、おしゃれでモダンなインテリアが最高でした😆💕💕 


今回の記事では、ウェスティン都ホテル京都のラウンジや朝食についてご紹介します!


モダンなクラブラウンジでのんびり


今回は、ジュニアスイートのお部屋だったこともあり、クラブラウンジを利用することができました!

(前回のジュニアスイートのお部屋の紹介はこちら) http://wix.to/-cDUCYw


チェックインした後、観光に出掛ける前に、少しラウンジで休憩をすることに。


半透明に隠された「ウェスティンクラブ」のドアを通ると、グレーやラベンダー色、ゴールドを基調とした、モダンな空間が広がっていました!





ラウンジの窓からは蹴上クラインや南禅寺も見えました☺️✨


英国高級紅茶「Jing」とティータイムプレートを満喫

席に着くと、スタッフの方が「ティータイムの時間は簡単なフードプレートを用意していますが、いかがでしょうか?」と声を掛けてくださいました。



「お願いします^^」と言うと、一人ひとりにクッキーやナッツ、フルーツなどが載ったプレートを持ってきてくれました。


ドリンクメニューもたくさんあり、紅茶は全てイギリスの高級ブランド「Jing」の茶葉で用意してもらえます。


今回は私はジャスミンティー、彼さんはハイビスカスティーを注文。どちらも香りがとても良くて美味しかったです☺️💕



運ばれてきたティータイムプレート。

抹茶のクッキーは濃厚でとても好みの味でした!

フルーツやハニートマトも甘くてとても美味しかったです✨


京都観光に出掛けると、美味しいものが多すぎて、ついつい食べ過ぎてしまいがち。


観光前には、これくらいのサイズのティータイムプレートが丁度良かったです。


情報収集やディナー、バーラウンジとしても使える!!

ちなみに、クラブラウンジ内には日本や京都文化に関係する本がたくさん置いてありました。


自由に手に取って読めるので、観光前の情報収集に寄るのもいいかもしれません!


今回、私たちはティータイム(終日利用可能)にお邪魔しましたが、17:30〜19:30ではイブニングタイム、19:30〜20:30はバータイムが楽しめるそうです。


京都を一望しながら朝食を

朝食はホテル2階にあるオールダイニング「洛空」の会場でいただきました。


大きな窓から雄大な東山の自然を堪能でき、朝から感動。

スタッフの方が「移動して、写真を撮ってもらっても構わないですよ」と優しく声をかけてくださり、安心して景色を堪能することができました。



いつもはビュッフェスタイルの朝食のようなのですが、今回はコロナの影響もあり、「洋食」か「和食」かの選択式になっていました。


せっかく京都に来たので、私も彼さんも、もちろん和食を選択^^



京都のおばんざいやお豆腐、ちりめんなどがとっても美味しかったです!!

やっぱり美味しい和食はほっとしますね。


今度はまたビュッフェスタイルの時にも着てみたいと思いました☺️✨


まとめ

ウェスティン都ホテル京都では、ラウンジや朝食のお食事もとても美味しく、スタッフの方もとても親切にしてくださり、贅沢な時間を過ごすことができました。